スポンサードリンク

2008年05月12日

プロジェクトX5 執念が生んだ新幹線

プロジェクトX5 執念が生んだ新幹線
老友90歳・戦闘機が変えた

ジュニア版のマンガ、プロジェクトXシリーズです。
90歳の方が???と思ったのですが、当然違いますね。
今90歳ということです。当然開発時は若かった。

特攻機を開発した方の苦しみが印象的でした。
原爆を開発した一人のファインマンの話も思い出しました。

もくじ
第1章 再会
第2章 苦悩
第3章 集約
第4章 始動
第5章 誕生
最終章 夢

新幹線を開発したのは、・・・の開発者たちであった。
プロジェクトが組まれてから5年で開通した。
オリンピックというイベントがあったからということも
あったであろう。

今このような情熱のある技術者、責任をとる上司は、いない
のではないか。少なくとも情熱のある技術者も少なくなって
きていて、会社の若者たちですら社内政治にいそしんでいる
風景を目の当たりにしているので、こういった情熱のある
技術者には、素直に敬意を示してしまう。
うんそれに比べて、職を賭してまで責任を取る上司・責任者
のほうがいなくなったかな。
中小企業の社長や、オーナーくらいだろうな。

多少脚色していると思うけれども、高度成長している時期というのは
こういった感じで、活気があったと思う。
先日、中国に行ってきたが、ビジネスでの画期はものすごかった。
責任取るし、決断も早い。

肌で成長を感じる楽しみを知りにくくなっている日本では・・・
と書いてみたものの、昔のほうが果たして楽だったのであろうか。
今の若者が昔の人のようにハングリーに夢を持って情熱かけてやったら、成長を感じられるのだろうか。
そもそも、昔の人もそんな人ばかりではないはずだ。

本当に難しい議論になってしまいました。
posted by REY at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

ドラッカーの実践経営哲学

ドラッカーの実践経営哲学 望月護 PHP

この本は、とってもびっくりしました。
私のお気に入りの本の一つになりました。
ドラッカー著作の本以外でのドラッカー本で
この本以上の本に出会っただろうか?


p27  オーナーはサラリーマン
p28  経営者もサラリーマン
p32  大株主(資本家)として多額の資金を出資し、運用している人間もサラリーマン
     創業者でもなければ、オーナーでもないサラリーマンを専門的な経営者として
     育てる機関もなければ方法論もないことが最大の問題
p33  トップ経営者の仕事は、不確実な情報の中で「論理的にかんがえて物事を決
     めること(意思決定)」
     「ビジョンを示し、方向付けを行うこと」
p39  リーダーにとって最大の仕事は、企業内で働くすべての人間に役割を与えて、
     やる気を引き出して、生産的に仕向けること
p40  リーダーは夢を語ることが大切
p44  起業の目的は、お客を作ることだ・・・「現代の経営」
p46  お客が抱えているニーズや問題点を探し出してお客にこたえるサービスを作り
     出せば大きなビジネスになると考えて事業を起こした。(マイケル・デル)
p53  よいものを作れば売れるという考え方は完全な間違いである(マイケル・デル)
p54  手作業の仕事がコンピュータでできるようになるとどこの会社の製品も同じ品質
     になり品質で競争できなくなり、価格競争にならざるを得ない。
     製造部門(品質)で付加価値を稼げなくなる。どこで付加価値を稼ぐか
p56  マネジメントは、外部に対応することが目的
p57  マネジメントの根幹は会社をつぶさないことであり、そのためにお客を作る活動を
     行うことである。
     社員の行動を管理することではない。お客を作る活動をするために社内を管理する
p59  お客に買ってもらうために必要な二つの機能は、イノベーションとマーケティング。
     「よいものを安く作る」のではなく、お客が何を求めているかをつかんで、お客が価値
     を認めて払う価格をつけ、売ってくれる販売店や販売員にとって売りやすく儲かる仕
     組みを作らなければモノは売れない。
p60  儲かっている企業は技術に強いだけでなく、お客のことを良く知っている企業である。
p76  ビジネスの目的は、基本的にヒト、モノ、カネなどの経営資源を投入して、「投入した
     以上の価値を生む製品やサービスを算出すること」→企業の社会的責任
p81  あぶく銭はゼロサムゲームの結果
p87  賃上げは生産性の範囲内でしか許されない。
p88  粗利益を増やす方法は、生産性を上げること、外部に支払う費用を減らす、回転率を
     高める、在庫を減らす、そしてイノベーションとマーケティングによって新製品を開発し
     て売り上げを伸ばして粗利益を増やすことである。
p92  「作ったモノを売る」のではなく、売れる物を開発して、買ってもらう仕組みを作ってから、
     販売活動を行うのが順序。
p98  イノベーションとは、「儲かっていない活動を、儲かる活動に作りかえること」、「ものの
     考え方や仕事の方法を変えることによってお客の価値観を変えさせて、お客を満足さ
     せて自分も儲けること」、「時代遅れになったり、生産性が低いために儲からなくなった
     活動を、儲かる活動に作り変えることが根本原理」
p111 マーケティングとは、「販売する前に、お客に買ってもらう仕組みを作ること」
     販売活動は、マーケティングが終わってから始まる
p112 マーケティングは「お客の立場に立って買ってもらうことを考える」活動であり、販売は
     「売り手の立場に立って売る」活動であり、両者の考え方は正反対である。
p122 強い企業の共通点は、販売を他人任せにせず、直接現地に営業所を作ってその国の
     お客をがっちりつかんでいること
p130 組織の内部で発生するのもはコストだけである。成果は、組織の外部にしかありえない。
p141 営業マンに必要な知識は、お客に買ってもらう仕組みを作るマーケティングの方法論と
     手順、取引先が破綻したときに必要な回収の方法論と手順
p145 上位のお客一人の売り上げが、下位のお客の何人分に当たるかといえば、経験上で
     小売業界では16人分、飲料業界では13人分、航空機業界では12人分。さらに既存
     のお客を維持するコストは、新規のお客を獲得するコストの5分の1で、口コミで宣伝ま
     でしてくれる。
p146 利益は固定客から得られるものである。固定客は不特定多数のお客とは違うから、ニ
     ーズをつかんで対応することができる。
p146 本当のお客は誰か。
p151 お客が何を買っているのかをつかむことは、もっとも重要。
     お客はモノやサービスを買っているのではなく、モノやサービスがもたらす効用に満足し
     てカネを払っている。
p152 法律や会計の専門家は、自分たちが持っている専門知識に価値があるからお客が相談
     しに来ていると思っているがとんでもない大間違いで、お客は自分が大事にしてもらえる
     から相談しに来ている。
p163 最高のお客とは、ビジネスのヒントをくれるお客のことである。
p170 儲からなくなったときはお客の信頼を勝ち取ることを最優先して、まずコストも生産性も回
     転率も一旦無視して、「会社全体をお客第一に作り変える」ことが必要。その結果がライ
     バルに負けない競争力を築いて高い業績をもたらす。この順序をわかることが大切。
p172 特定の製品を、特定の地域で、特定のお客に、しぼりこんで販売していることが成功して
     いる理由
p176 「お客が認めて買っている価値が何か」を良く知ることが業績を大きく左右する。
p183 新規のお客を開拓するよりも既存のお客との取引を大事にして、既存のお客との取引を
     増やすことに力を入れたほうが賢明
p184 お客を尊重するためには、お客を好きになること
     お客が行動する理由をよく調べて、お客を尊重することから、売り手の行動が始まる。
p186 会社が小さかったときには、ゴキブリが出たらその場でみんなで叩き潰したが、会社が
     大きくなると、@ゴキブリとはどういう生物か研究し調査するAゴキブリを退治するためにど
     ういう方法があるか、方法論を比較検討するBゴキブリ退治のために実行委員会を設ける、
     という手順を踏む。この間に3年くらいかかり、いつの間にか部屋中がゴキブリだらけになっ
     て、誰も退治することができなくなる。
p208 データが情報となるためには、具体的な仕事の意思決定に使えるように加工することが必要
posted by REY at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

ソフトバンクカタログ5月号 +magazine

本ではありませんが、久しぶりに手に取ったので。
入手した場所は、地下鉄駅構内。こんなところにも
おくようになったのですね。

ちなみに私は、sohtbank(j-phoneから)、au、Willcom
の3機種持っています。(Willcomは、使える機種3台あるので
6機種になるかもしれませんが。)

備忘録
・2G携帯は本当ンなくなっているのね。
 私は、まだ2gユーザーです。
・やっぱり、1台で満足できる機種はありません。
・ネットはやはり高い。
 パケット料金何とかならないかなぁ。
・携帯で音楽聴いている人が増えてよく見かけるが、
 読むと制限多くて、やっぱりいやだなぁ
・電子マネー関連が一つのカードでできればいいのですが、端末機はできているのにカードがないのは、やはりおサイフケータイに移行したいと考えているのか。ケータイ機能に入れたくないなぁ。

全然関係ないが、ひさしぶりに「ロードランナー」をダウンロードした。基本的に月額のものはやりたくない。
posted by REY at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経ビジネス 4/28,5/5合併号

今週号は、基本的には、興味のでない週であったが、
本の一点だけ興味があったので、備忘録つけました。


目次(抽出)
特集
 社長革命
 異能が殻を破る
 王道崩れる社長交代
 強い現場へ5条件
 脱ヒルズ族。起業家は対話重視
 支える経営者が急増
時流潮流
 渡部新体制、土台揺らぐ激震
 中国市場、1000万台の魅力
 激烈!パート獲得大作戦
 上場、もはや目標にあらず
 IHI、釜体制は嵐の2年目
 オフィスの賃料の潮目に変化
敗軍の将、兵を語る
 羽田雅弘(ラ・パルレ社長)
お金の学校
 離婚時の年金分割


備忘録
・年金分割が今年4月から「3号分割」がはじまった。
・順当社長はつまらない
・IT会社もひと段落して、落ち着いた安定志向の社長が増えた。
 →要は、もう面白い業界ではないということ
・中古マンションの入居している物件購入し、退去したら転売
 →入居時のほうが安く手に入る
 →そういう物件を入手できるためには???


ラベル:日経ビジネス
posted by REY at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最短で結果が出る超仕事術 荘司雅彦

中学受験バイブルが面白く、手を伸ばしたしだいです。
荘司さんの作品は、とりあえず、全部読破しようかと考えてます。
最初は、新書かなをみて手に取らずだったのですが、この中学
受験バイブルをきっかけに本書を読みました。
中学受験バイブルについては、後ほど備忘録つける。

目次
はじめに
広く、細かく情報を処理するのがすべての基本だ
 「急がば回れ」の習慣が差をつける
 厄介な仕事から片付けよう
 スケジュール管理は、ローテクがベスト
 ワーキングスタイルのない人に成果は出せない
 個別の情報帳を作ろう
効率と長期的視野を重視してアクションを起こせ
 スピードで稼ぐことを忘れるな
 相手の立場に立って考える癖をつけよう
 仕事の山は前倒しに崩せ
 仕事に「パレートの法則」は当てはまらない
 書類はコア部分だけを読んで処理しよう
心理を読み、人間関係を制する人が勝者になる
 「自分でやる仕事」と「人に任せる仕事」をきっちり分けよう
 「自称プロ」ではなく「本当のプロ」を目指せ
 会議は2種類に分けて効率化せよ
 「哀しきイエスマン」に気をつけろ
 人脈の力を信じるな

備忘録
・一つの仕事で調べ物をするときは、100のことを調べなさい
・ひとつのことについて調べて結果を出すスピードが飛躍的に速くなる
・変更の痕跡が残せる利点:手帳
・痕跡がトラブル防止に役立つ
・電話の本質は無礼な道具である。
・永久保存版の電話連絡帳の作成
 →電話の日時や会話の内容を保存することでトラブル防止
・お勧めツール
 パソコン対応メガネレンズ
 携帯音楽プレーヤー
 ノイズキャンセリングヘッドフォン
 会社四季報
 ビジネス選書&サマリー リーダーズ
 本メルマガ
 脳トレ付き電卓
 英語ソフト(DS含む)
 伊勢丹オリジナルバッグ
 英字新聞
 靴
 電動機付自転車
・仕事の「いいとこどり」は絶対にできない
・数多くの小さな仕事の集合という土台の上に、はじめて大きな仕事が成立する
・銀行は時系列にかつ会話形式で取引開始に至った経緯やその後の交渉内容がすべて保管されている
・保管の必要な書類は、定型がいい。
 →重要なコアだけ読む場合でも・・・
・情報雑誌は、1冊に3か所か4か所切り取る部分があれば元が取れる


              仕事
        ┏━━━━━━┻━━━━━━┓
      事務所内で         外部にアウト
      やらなけれ         ソーシングで
      ばならない         きる仕事
      仕事        
┏━━━━━━┻━━━━━━┓       ┃
自分でやら      そうでない      ┃
なければな      仕事         ┃
らない仕事        ┃        ┃
  ┃          ┃        ┃
  ┃          ┃        ┃
自分がやる      秘書たちに    外部にアウト
           アウトソー    ソーシング
           シング
・会議のタイプは、「告知報告のための会議」と「ブレストのための会議」の2種類。きっちり分ける。
・仕事のプロの条件
 @自分で責任が取れる人
 Aコスト意識を持っている人
 Bお金のことをはっきりできる人
 C最新の専門知識を有している人
 D結果を出す人
 E約束を守る人

posted by REY at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

プロジェクトX14

ジュニア版まんが プロジェクトX14
8ミリの悪魔VS特命班

このシリーズは、子供と図書館に行った際に見つけました。
テレビでの評価はよく聞きましたが、見たことがありません。
文字の図書もあるのでしょうか?
沖縄は好きで、一人のころはよくいってました。
今年は何とか行きたいものですが。。。
今は、ポッドキャストと沖縄の店で我慢してます。
何気なく購入している沖縄野菜にこのような秘密があったとは。
最近まで本土に持ち込めなかったんですね。
解禁されたので、沖縄の店が増えているのでしょうか。
沖縄がうまくいくには、本土からお金を取り込むしかありません。
そういったビジネスでないときついでしょう。
その根幹が害虫により、断絶されているということは、非常に
きつかったと推測します。

はい、私はしっかり落としていきますよ。

もくじ
プロローグ 戦慄の悪魔
第1章   野菜の危機
第2章   魔の手
第3章   ウリミバエを根絶せよ
第4章   地獄の飼育作戦
第5章   越えられないフェンス
第6章   沖縄本島決戦

【忘備録】
・1972年5月本土復帰
・ゴーヤーが切り札
・不妊虫を大量に放つことによる方法
・作戦名は、コバルト60
・1990年2月本土出荷再開
・2003年でも不妊虫散布を続けている

本土の人をナイチゃー、沖縄の人は、ウチナーという。
posted by REY at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

引き寄せの法則



引き寄せの法則 すべての願いが現実になる
ウィリアム.W.アトキンス 著
林 陽           訳

目次
 引き寄せの法則
 念が念を作り出す
 心を改造する
 意志力を引き出す
 恐怖を駆逐する
 消極的な念を相殺する
 集中力を使って心を制御する
 生命力を注ぐ自己訓練法
 積極的な心の習慣を作りだす
 感情をコントロールする
 眠れる脳細胞を目覚めさせる
 願望力を動かす
 宇宙の原動力を動かす
 望みは大きくもて
 宇宙の法に一致する

この本は、一世紀前に出版された本でいわゆる成功の哲学書の
先駆けともいえる書物です。
「ザ・シークレット」がはやりましたが、種本とも言われています。
まぁ、ここぞとばかりに、この類の本はたくさん出ています。

備忘録

・意志力によって、心のキーを積極的に高めることができる
・アファーメーション
 @新しい心の態度を設定し、性格形成に役立つ
 A同じ思いに生きる他の人の積極的な念を受け取るように、
  心のキーを高める
・成長したあなたに怒りはふさわしくありません
・「意志力が足りない」のではない。心が怠惰で、使わないだけ。
・自分が本当に何をしたいのかを見極め、実行すること!!
・あなたのすべきことは、行動を決意すること
・心を訓練し意志の有効な道具にする秘密が「自己暗示」である
・心配は実現を阻むだけで何位役に立ちません
・行動の原動力になるのが願望と興味
・願望と興味が成功をもたらす要因
・仕事と思いに毎日生命を注がない限り、なにも達成しない
・積極的な念を育てることが、消極的な念を制する最善策
・行動の習慣を身につけたければ、まず、それに対応する心の態度
 を培うこと。そのために、思いを「行動に移す」こと
・すべきことを明確にして、そこへと導く思いを育てる。そして、
 「私は●●のことをする!」と宣言して行動に移す
・成功者は、自分と持てる力への信頼、働くべき時に一念集中して
 働かない時に力を漏らさぬようにする能力を有している

3回読みました。


【1時間に一回唱えること】
・私は真我が支配していることを認めます
・私は意志の力を使っている!
・私は真に生きている!
posted by REY at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

プログラムポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー
1.クッキーおよびWebビーコンについて
 本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。

 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
・利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
・本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
・掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

2.クッキーの無効化と有効化
 ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
posted by REY at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラムポリシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。