スポンサードリンク

2008年05月19日

情報は1冊のノートにまとめなさい

情報は1冊のノートにまとめなさい
100円でつくる万能「情報整理ノート」
奥野宣之  Nanaブックス

概略
・1章 情報を1冊にするメリット(活用・手間・継続性・携帯性・コスト・検索性)
・2章 情報を一元化する技術(メモ術・スクラップ術・切り張り術)
・3章 時間管理術(自作スケジュールシート・予定・記録・日記)
・4章 断片メモの保存法(基礎データ・アルバム・スクラップ術)
・5章 メモを活かすアイデア術(発想カード・ひとりブレスト・マインドマップ)
・6章 分類しない検索術(タグ検索・キーワード検索・携帯検索)

こういった本は、実は、目次を見るだけで参考になるように作られているものが多い。これも、著者が時間を大切にしている、目次を大切にしているからだと思われる。

今日、早速東急ハンズに出かけて、気になった商品を購入、または私が使えそうなものを購入してきました。さて、残る商品はどのくらいあるのでしょうか。

本日購入した商品
・コクヨA6 5mm,6mm2冊ずつ
・コクヨB7
・ゼブラ ペンポッド
・パイロット Dr.GRIP Putimo
・PLUS SPIN ECO(テープのり)
・Scotch はってはがせるスティックのり
・折りたためるホッチキス
・耐水ノート
・パワータンク

この本は、とても有用です。すべてをまねする必要はありません。こういった考え方でこの商品を利用しているんだということがわかれば、あとは、自分なりにアレンジできます。数少ない本棚行きが決定した本です。

私も今、いろいろなサイズのノートを購入して一番いいものを模索中です。A5とモレスキン、バイブル手帳、コクヨの耐水ノートも使ってます。2冊くらいで管理できればと思っていたのですが、1冊という大胆な提案に思わず唸りました。やはり、1冊にする工夫というものがとても素晴らしいです。当然、スケジュール帳も試行錯誤中です。時間があれば、作りたいくらいの域に達してきました。いまは、フランクリンとマンダラと・・・のミックスのような感じです。

1冊にまとめるということは、索引がキーワードになります。そしてこの索引が継続の肝になると思います。グーグルデスクトップ化及びどの端末でもみられる、更新が簡単(できれば自動同期したい)といった感じでしょうか。著者は、まだその域には達していませんが、非常に参考になりました。

備忘録
・コクヨA6100円ノートにすべての情報を集約
・スケジュールは独自リフィル自作
・索引検索は、パソコンで。
・テキストエディタはオズエディタ
・時系列を守る
・不安の記録は、カウンセリング効果
・パワータンク+耐水ノートでふろでもOK
・インプット→アイデア→アウトプット
 切り口が必要、誰も読んでくれない
・いい材料がなくてもいい。
 →これは、島田紳介も言っていたが、初めから面白いものは、笑いにできない。普通のものを加工したら面白くできる。それと同じことかな。さらにいうと、加工すれば面白くなるということか。
・記事と索引を切り離す
 →索引だけを手元に置く。

お風呂では、実はコクヨのおしゃれな耐水ノートが出てまして、それを使ってました。今回、たくさんの種類が出ていることがわかりました。でも、一番水に強いのは、測量野帳ですね。


posted by REY at 02:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

前作『情報本』が今年2番目に売れた本に!
Excerpt: 前作『情報は1冊のノートにまとめなさい』は、おかげさまで現在、27万部までいきま
Weblog: 7,公式ブログ 読書は1冊のノートにまとめなさい
Tracked: 2008-12-07 15:57

書評・奥野宣之「情報は一冊のノートにまとめなさい」 〜これは個人で工夫しないとキビしい。。〜
Excerpt: 結構、一時期話題になってた本だと思う。 「情報は一冊のノートにまとめなさい」。 内容はその名の通り。 要約してみる。 ・一冊にまとめるのは楽だから。これさえ持っていればいいから。 ・何で..
Weblog: 「3A.M.O.P-午前三時のオプ-」2004〜2009
Tracked: 2009-10-04 19:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。