スポンサードリンク

2008年06月15日

受験手帳



受験手帳 荘司雅彦

もくじ(抜粋)
はじめに
2月
 新年度に向けて
 新6年は5年の延長じゃない!
 思いっきりほめよう
 基本問題を優先的に
 受験に才能は関係ない
3月
 記述問題は模範解答を写そう
 難問に惑わされない
 だれのための合格?
 風邪をひきたがる受験生
 外野はあくまでの外野
4月
 やる気がなくても始めてみよう
 成功体験の数で勝負
 志望校選びの1ポイント
 イメージ記憶を練習させよう
 勉強モードを崩さない
5月
 憲法問題について
 最終責任は親にある
 家庭環境を整える
6月
 赤本・・買った?
 お子さんの成績が下がったら?
 教育は最高のプレゼント
 時間を買おう!
 中高一貫はオトクな投資先か
7月
 中学受験本の注意点!
 夏休み、欲張りすぎずに…
 成果を見える形で残そう!
 知識が知恵に変わる
 夏休みのトッピングは苦手科目の克服に
8月
 楽しく勉強できる工夫を
 親子共通の笑いを作ろう
 学習効果逓増の法則
9月
 子供の話を聴いてあげる
 3回転学習法
10月
 ノートはぜいたくに使おう
 着手すれば半分終わったのとおなじ
 塾の先生との相性は大事
 もう90日、まだ90日?
11月
 過去問時計?
 ミラクル・ガール
 限られた日数を有効に活用する方法
 偏差値が当てにならない学校
 時事問題集は全部買おう
12月
 併願校で早目に白星を!
 面接には2種類ある
 がんばりすぎにご注意!
 全体を鳥瞰しながら勉強しよう
1月
 わが子を落とす学校はこちらから願い下げ
 後ろ向きグループにご注意


 この本は、中学受験バイブルと違い、各月のメッセージが入った親のための受験指南といったスタンスで書かれているが、はてさて、われわれ大人にも十分参考になることがたくさん書かれている。
 この受験方法は、司法試験の方法が多様に含まれている。司法試験をかじった経験がある人なら、常識!!という手法や考え方がふんだんに示されている。
 ある領域では、当たり前のことも、フィールドを変えると神様!になるといった感じであろうか。

 この種の本を読んでみてわかるのは、本当に子供って時間がないということ。そして大人以上に時間当たりの吸収が大きいこと。要は、時間を有効に使う効果が高い存在であること。
 大人は本当に手抜きしすぎているということ。その割に時間がないとほざいている輩が多いということ。子供な泣くことにも命をかけて泣いている。
 また、受験を経験したことがないお母さんがたくさんいるのでは…ということ。中学受験とまではいかなくても、受験を真剣に経験しているとそこまで・・・という受験に関する内容が多々あるのだ。私が苦労したからと言って押し付けられる子供はもっときつい。あくまで自然体が必要なのではないかと思う。
posted by REY at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100565987

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。